FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red_Cry・第七十二話「太極」

Red_Cry第一話からはこちら↓
http://intuitions.blog60.fc2.com/blog-entry-94.html
▼ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)

nnr.gif







「その様子だとやはり強力な陣なようだな」


「でも中にいた人はもしかしたら・・・全員死者かもしれません。いや、死者になったのかも」


「なった、とは?」


「明らかに僕らが見えていたし、僕らの事を”死んだ人”って言ってました」


「ふむ、自分達は”生きている人”と差別化しているように聞こえますね」


「でもちゃんと食べて飲んで生活しているらしいんです」


「その物資を口にしてみましたか?」


「いいえ、そこまでは」


「ううむ、謎が多いですが…あなたの推測は間違っていないかもしれません」


「それと・・・」


「なんです?」


「赤マントは、”死者の死者たる所以”と言っていました」


「ほう」


「やっぱり死者の存在には意味があるのでしょうか?」


「意味のない存在なんてありませんよ」


「そうじゃなくて、赤マントは紅い月に関係しているのでは!?」


「もしそうだとしたら、彼はあなたの道の障害となることは間違いありませんね」


「です・・・けど」


「それでも進むというなら進みなさい。答えがあるとしたら進んだ先にしかない」


「あなたは何かご存知なんですか?」


「さあ、どうでしょう。私は多くを語れません」


「どうして?」


「あまり喋りすぎると太乙さまが怒るんです。俺のセリフをとるなと」


「は?」


「お喋り好きなんですあの人。あと人を驚かしたりとか」


やっぱり金木博士の知人なだけあっておかしな人なんだろうか・・・?


「ねえナジャ太子さん」


それまで黙っていたアカネさんが口を開いた。


「なんですお嬢さん?ナジャ、でかまいませんよ。太子をつけると言い難いでしょう」


「じゃあナジャ、ちょっと聞きたい事があるんだけど」


呼び捨てカヨ。


「太乙、ナジャ太子って言えば…昔の中国の古典で見た名前ね」


「ええ、私達は中国人ですから」


「それだけなら古典から名前を取るなんてよくある話だわ。だけどあなた、普通にしてるけど私達と話ができたりあの赤マントとまともに戦えたりなんて普通じゃないわ」


「おっしゃるとおり。普通ではないですね」


核心をつくような質問だったが、ナジャ太子はアッサリと肯定した。


「なんなのあなた達は?さっき赤マントの世界の事を”陣”って言ったわね。それも古典に出てくる仙人の術の事じゃないの?」


「仙人とは、またクラッシックな事をいいますね」


「死んでも生きてる人間がいるのよ、ずっと生きてる仙人がいてもおかしくはないわ」


「そうですね。この世はおかしいと思えばおかしな事だらけですから」


「やんわりはぐらかすのが上手ね」


「さっきも言ったとおり、余計な事を言うと主がヘソを曲げるので」


「きっと赤マントの正体も中国人なのかしら」


「なぜそうおもいます?」


「彼がいた場所に、魔方陣みたいなのが書いてあったわ。でもあれ、どこかで見たと思ったら中国でよく見る八角型のものだったから。大きな漢字で何か書いてあったし」


「漢字!?なんて書いてありましたか?」


「情報は交換するものよ」


「ううむ、やりにくい人ですね」


「何か一つくらい答えてくれてもいいじゃない」


「いいでしょう。あなたの仰る通り、我々は古代仙道の系を継ぐ者です。ですからあなた達死者と話ができる術が使えるんですよ」


「なるほどね、まあいいわ」


「それで?漢字とは?」


ナジャ太子は漢字の事が随分に気になるらしく、心持身を乗り出して聞いた。


「全部は読めなかったけど・・・頭の方に”太極”って」


「太極・・・!?間違いありませんか!?」


「ええ、間違いないわ。でも中国じゃよく聞くじゃない陰陽太極とか」


「よく勉強なさってますね」


「大学で遊んでたわけじゃないわ」


ナジャ太子は頷くと、すっと立ち上がった。こうして見上げると更にデカイ。


「私は早急に太乙さまに報告をしなければいけません、これで失礼します」


「あ、あの、ほんとにありがとうございました」


「いえいえ。月歩君、太乙さまの元でまたお会いしましょう」


「はい」


「ナジャ太子殿、感謝いたしますぞ!太乙さまによろしくお伝えくだされ、後ほどまたお邪魔いたしますと」


「了解しました」


「ありがとう、ナジャ」


アカネさんは相変わらず呼び捨てだった。


「そうだ月歩君、これを君に預けましょう」


そういうとナジャ太子は、左腕につけていたブレスレットを外し、僕に手渡した。


「これは?」


「お守りです。あなたは戦闘タイプの死者じゃない、ですからきっと役に立つ」


「どういう意味です?」


「あなたはいずれ自分のタイプを知るでしょう。本気で太乙さまの元へ向うなら、それを嫌というほど実感するかもしれない」


「僕のタイプ??いったい僕はどんなタイプの死者なんですか?」


「ははは、それも太乙さまに聞いてみるといい。ただ言えるのは、紅い月を目指すなら常に危険が付きまとうと言う事です」



そういい残してナジャ太子は飛び去ってしまった。
いったいなんなんだろうか。
太乙という人と赤マントは何か関係しているのか。
しかし赤マントと接触したことで、急に紅い月の真相近づいた気がした。



▼ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)

ネット小説ランキング>現代FTコミカル部門>「Red_cry」に投票


nnr.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://intuitions.blog60.fc2.com/tb.php/200-e59e1591

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。