FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み比べ。描き比べ。

携帯小説ってほんと文体が稚拙なものが多い。
でも実際書いてみると、
あの文体でないと携帯画面では耐えられないのかもしれないな、
と思いました。
携帯は「手軽に」「読みやすい」「早く読める」が大事。
なので通常の小説の文体で書くと、女子中高生の脳では処理しきれないのではないでしょうか。
っていうか俺らでも目が疲れます。

そこで、携帯小説風と小説風に描き分けてみた。

携帯小説Ver
http://intuitions.blog60.fc2.com/blog-entry-181.html

小説清書Ver
http://intuitions.blog60.fc2.com/blog-entry-234.html

自分で書いて比較してみたんだけど、
携帯小説の方は、あまり情景描写をせず、
会話で世界を作ってるきがします。
どちらかというとライトノベルが誓いのかな?
それとも最近の女子中高生は「会話」でイメージを膨らませるのでしょうか?
そう思うと、それはそれですごい。
彼女達の想像能力と理解力は(理解してるのかどうか謎ですが)
僕たち非携帯小説世代とは少し違うのかもしれない。
もしかしたら進化という形で、インプットする情報を簡略化しているのかも。
例えば我々が一冊の本を理解するのに5MB必要なところを
彼女達新世代は2MBで済ませている。

これは速読の方法に少し似ている気がします。
速読にも色々流派があるんですが、
僕が昔かじったのは、
「1ページ内の必要な情報だけを探す」というものです。
つまり一度でインプットする量を減らすんですね。
これには想像力・読解力・瞬発力が必要なのですが、慣れればかなり読むのが速くなります。

新世代の子たちが読むのが早いかは別として、
携帯小説とは、「素人が書いたから」と言う理由だけで
このような形になったのではないのではないでしょうか?

おそらく「読む子が書いたから」という理由も挙げられるのではないでしょうか。




まあ書き手として正直な話…
携帯小説の書き方は楽。
ほぼ直感で思いついたワードを並べているので。
やっぱそれが一番なのかな、結局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://intuitions.blog60.fc2.com/tb.php/236-8f26b7dc

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。